タウリンの目安摂取量と過剰摂取のリスク

体に必要な栄養成分の中にも、たくさん摂りすぎると健康被害におよぶ種類もあります。タウリンは各臓器に存在しているというほど重要な成分ですが、過剰摂取には問題がないのでしょうか?

 

また、目安となる摂取量も、気になるところですね。

 

タウリンは、体内でアミノ酸によって生成される物質です。他の様々な栄養素が関係していることから、体外から摂取する量は一日の目安として50〜250mgあると良いといわれています。

 

ただ、タウリンの効果を実感したい場合は、もっと摂取したほうが良いという説もあります。最低でも一日に500mg、3000mgほど摂取しても良いとする考え方もあります。

 

これは、タウリンを摂取する人の生活スタイルにもよるでしょう。ハードな運動をしている人、肉体労働をしている人などには、たくさんのタウリン摂取が元気の源ととなります。お酒をよく飲む人なども、アルコール分解を助けて肝臓を守ってくれることから、多めにとっておくとよいでしょう。

 

タウリンは、必要以上の摂取をしても案外あっさりと体外に排出されてしまいます。汗や尿となって体の外に出ていってしまうため、過剰摂取に神経質にならなくても心配ないようです。

 

ただし、タウリンを多く含む食べ物には、プリン体も多く含有するというデメリットがあります。せっかくタウリンに中性脂肪を減少させてくれる効果があっても、プリン体を多くとってしまってコレステロールなどを増やしてしまっては意味がありません。

 

食品からバランスよく摂取することも大事ですが、たくさんタウリンを摂取したいときにはサプリメントなどを上手に活用するのも方法です。

タウリンの目安摂取量と過剰摂取のリスク関連ページ

タウリンの効果と副作用
タウリンが含まれる食べ物
肝臓の解毒作用を助けるタウリン