肝臓の解毒作用を助けるタウリン

あらゆる臓器に含まれているタウリンは、全身を健康に保つ作用を持っています。特に、肝臓の機能を調整する働きは大きいものです。

 

肝臓から分泌される物質に、コレステロールを排出させる胆汁酸があります。タウリンは胆汁酸を活発に分泌させることができ、これによってコレステロール値を下げる作用が出てくるのです。

 

また、肝細胞を再生したり、細胞膜を安定させたりするにも、タウリンは役立っています。インシュリンの分泌を促進させることも可能なので、糖尿病の人も注目したい成分ですね。

 

お酒を飲んだときのアルコール分解にも、タウリンはよく働いてくれます。体内に吸収されたアルコールは、肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解されます。

 

そして酵素によってアルコール分解が進むのですが、この段階で肝臓には大きな負担がかかっているのです。タウリンをたっぷり摂取していると、酵素の働きをサポートしてアルコール分解が早まります。したがって、肝臓の負担が緩和されて健康な肝臓が長持ちするというわけです。

 

また、動脈硬化をはじめとする生活習慣病を引き起こす恐れがある脂肪肝にも、タウリンが効果的に働いてくれます。肝臓にたまった脂肪を排出してくれるので、中性脂肪が気になる人はタウリンを多めに摂取しておくと良いですよ。

 

肝臓に毒素がたまってくると、血液循環が悪くなったり、排出機能が衰えてきます。すると痩せにくい体となったり、むくみが出てきたりしやすくなります。

 

健康だけでなく、美容にも影響するタウリンの肝臓効果は、非常に影響が高いのです。毒素をため込まないスッキリした体になりたい人は、タウリンを多く含む食品を積極的にとってみてください。