ブロッコリーとカリフラワーの栄養の違い

スルフォラファンは、ブロッコリーやカリフラワー、キャベツなどのアブラナ科の野菜に多く含まれています。中でもブロッコリーの新芽(スプラウト)に特に豊富に含まれていることがわかっています。

 

ところで、ブロッコリーとよく似ているカリフラワーという野菜があります。ブロッコリーは緑色で、カリフラワーは白く、色が異なっており、形はほとんど同じです。実際に、栄養素には違いがあるのでしょうか?

 

ブロッコリーもカリフラワーもキャベツの変種で同じアブラナ科の野菜です。ブロッコリーは、ケールから蕾の部分が肥大化したもので、緑色をしています。

 

緑黄色野菜に分類されているブロッコリーは、カリフラワーと比較するとビタミンCやカロテンが豊富に含まれています。しかし、鮮度が落ちやすく、黄色く変色しやすいという特徴を持っています。

 

カリフラワーは淡色野菜に分類されている野菜で、ブロッコリーにはおよばないものの、淡色野菜の中ではトップクラスのビタミンCが含まれています。

 

白い色が特徴で、未発達の段階で収穫するアブラナ科の花菜です。花キャベツとも呼ばれており、ビタミンB群に関してはブロッコリーよりも多い成分もあります。

 

栄養素については、ブロッコリーのほうが優れていますが、ブロッコリーに含まれるビタミンCは熱に弱く、加熱調理をすると栄養素が損失されてしまいます。

 

逆にカリフラワーは熱に強いので、茹でてしまうとブロッコリーもカリフラワーもビタミンCの含有量は同じくらいになります。そのため、調理方法などに合わせてブロッコリー、カリフラワーのどちらを使用するかを選ぶと良いでしょう。