肝炎とは

肝臓の細胞が炎症し、肝臓の細胞が破壊される病気を肝炎といいます。肝炎にはウイルスの感染によって起きたり、他にもアルコールや薬物、自己免疫などがあります。

 

また肝炎にも様々な種類があります。日本では肝炎のほとんどが、B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染によって引き起こされています。肝炎になると体がだるいといった倦怠感や、体に黄疸ができたり、発熱や吐き気などの症状が現れます。

 

ただの風邪かなと勝手に判断し、放っておくとそのまま悪化し、肝硬変や肝臓ガンに発展してしまう可能性もあります。また肝炎の中の劇症肝炎というものは、急激に肝細胞が破壊され肝機能が低下し、そのまま死亡に至ってしまうという恐ろしい肝炎もあります。

 

あまくみていると大変な病気ですので、疑わしい症状が出た場合には一度検査してみる事をおすすめします。肝炎はウイルス性の肝炎としてA型、B型、C型、D型、E型などがあります。アルコールが原因となった肝炎はアルコール性肝炎と言われ、脂肪肝の状態が長期間続くと引き起こされます。

 

アルコール性の肝炎は、普段からあるコースの摂取に気をつけていれば簡単に防ぐ事ができます。ですがウイルス性の肝炎は、血液や粘膜などを介して人に感染します。

 

自分は大丈夫と思っていても、知らない間に感染しているということもありますので一度は保健所や医療機関で肝炎ウイルスの検査を受けてみたほうがいいでしょう。無料でできるところもありますよ。