オルニチンとは?肝臓への作用は?

肝臓への働きをもっと詳しく説明すると、オルニチンは肝臓の「オルニチンサイクル(尿素回路)」というところで働きます。この経路は人体に対して有害物質であるアンモニアを分解し、解毒し、尿素に変えています。

 

オルニチンはこの作業を助ける作用をもっているため、オルニチンが体内に豊富にある事でより効率よくアンモニアの分解をしてくれます。

 

この為肝臓への負担も減ります。この事からも肝臓に良い成分とされています。また実験の結果、オルニチンはアルコール性疲労の改善効果もあることが認められました。

 

オルニチンの摂取はサプリがおすすめ

 

オルニチンは人間の体内で生成されるアミノ酸ですが、その量は微量です。オルニチンでの健康などの効果を期待するには、食べ物やサプリメントなどから摂取しなければいけません。

 

オルニチンを多く含んでいる食品はおもにシジミが挙げられます。他にもキハダマグロ、チーズ、ヒラメ、パンなどにも含まれていますが、シジミの量がダントツ多いです。

 

昔からよくお酒のつまみとして出されたり、二日酔いにいいからとシジミの味噌汁が飲まれていますがそれはこうした要因があるからなのですね。

 

とはいってもシジミも大量に食べなくてはいけなく、毎日シジミを食べるのは大変です。ですのでオルニチンはサプリメントなどから摂る方が簡単でしょう。

 

オルニチン配合サプリメント