オルニチンの目安摂取量と過剰摂取の危険性

肝臓や腎臓の機能をサポートしているオルニチンは、体内でも生成されているアミノ酸の一種です。最近ではオルニチンが注目されているため、何はなくともオルニチンと考えている人もいるかもしれません。

 

しかし、サプリメントは健康食品であり、適量を摂取してこそ健康効果をもたらしてくれるものです。他の食品とバランスよくとりながら補給することで、オルニチン効果に期待しましょう。

 

オルニチンは、一日どのくらいの量を摂取するのが適量だと思いますか?目安としては、一日に400mg〜1、000mgのオルニチンを摂取するのが適当だといわれています。

 

これはシジミに換算すると、1、000個以上もの数に匹敵します。いくらシジミが小粒だといっても、一日に1、000粒以上も食べる人はいないでしょう。

 

必ずしも毎日400mg〜1、000mgのオルニチンをとらなければいけないというわけではありませんし、サプリメントで軽く補給する程度でもよいのではないでしょうか。

 

というのも、オルニチンは様々な食品に微量ずつ含まれ、体内でも生成されることから、一つの食品からたくさんとる絶対の必要性はないからです。理想的なのは、毎日バランスよく栄養をとりながら、不足した分をサプリメントなどで摂取することです。

 

オルニチンを摂取しすぎるタイミングは、サプリメントなどオルニチンのみが凝縮されたものをとったときです。シジミ汁などを過剰に摂取するということは考えにくいので、サプリメントの摂取量には気をつけましょう。一度にたくさん摂りすぎると、胃腸を壊すなどの健康被害におよぶ可能性があります。