日本人はお酒に弱い、二日酔いになりやすいって本当?

日本人は、欧米人よりもお酒に弱いといわれています。お酒に弱いとは、あまり飲めないということではなく、飲むとすぐに悪酔いや二日酔いになりやすいということです。

 

単なるイメージじゃないの?と疑う人もいるかもしれませんが、実は遺伝子的に日本人は欧米人よりもお酒に弱い体質にあることがわかっています。しかも、東洋人の中でも、最もお酒に弱い遺伝子なのが日本人なのです。

 

アセトアルデヒド脱水素酵素のタイプの違い

 

アルコールを分解するときに発生する有害物質アセトアルデヒドを分解するには、アセトアルデヒド脱水素酵素の力が必要です。

 

アセトアルデヒド脱水素酵素にはいくつかのタイプがあり、お酒に強いか弱いかの決め手となっているのが3つのタイプです。NN型、ND型、DD型と分けられたタイプのどれに属しているかによって、自分がお酒に弱いか強いかがハッキリします。

 

これは、アセトアルデヒド脱水素酵素が活性しているかどうかの違いになります。正常に活性しているNN型はお酒に強い人が多く、その16分の1しか活性しないND型は全く飲めないわけではない人、DD型はアセトアルデヒド脱水素酵素が活性しないため、お酒に弱い人となるのです。

 

血中アセトアルデヒド濃度の違い

 

これらのタイプの違いによって、お酒を飲んだときの血中アセトアルデヒド濃度に差が出てきます。何と、NN型とDD型では数十倍もの違いがあるそうです。

 

遺伝子によって決まっているタイプではありますが、もともとはアセトアルデヒド脱水素酵素はアミノ酸の集合体であるたんぱく質です。

 

アミノ酸のとり方によっても、お酒に強い体質になれるかもしれません。アセトアルデヒド脱水素酵素を活性化させるために、対策を始めてみませんか?