肝臓強化の前に肝臓に悪いことはしない!

 

肝機能の低下は、食べすぎや飲みすぎ、運動不足が原因と言われています。肝機能を高めるためには、日頃の食生活の改善がとても大切になってきますが、まずは自分の一日の生活を見直してみましょう。

 

  • タバコを吸う人やお酒を飲む人はその量に気をつけているか。
  • 生活のなかでしっかりと運動しているか。
  • 不規則な生活で睡眠不足になっていないか。
  • そして、食事の内容は糖質や脂質が多くなっていないか。

 

1日を振り返り、生活習慣のチェックが出来る事はとても重要です。生活の中の行動が肝臓に負担をかけている事を見直し、生活を正しくすることが肝臓の強化の第一歩となります。

 

肝臓を強くする方法!

 

 

肝臓に良い運動

 

適度な運動は健康的な生活には欠かせませんが、肝臓機能の改善にも勿論良いとされています。既に負担がかかってしまている肝臓には、激しい運動は向いていません

 

ウォーキングやジョギング、水泳などと言った有酸素運動が呼吸も安定し、負担無く出来る運動とされています。少し汗をかく位が丁度良い程度が負担も少ない運動です。

 

趣味から始められる運動が良く、20分以上続けられ、自身への負荷が少しきついと思うくらいで、週3回以上出来る運動が良い目安とされています。

 

肝臓に効くツボ

 

 

心身の改善に効果があると言われているツボですが、肝臓の機能にも良いツボがあります。ツボに刺激を与えることで、血液の流れや働きが良くなり、内臓や各器官の活動がスムーズになるのです。ツボは押すだけでなく、もみほぐしやたたくことでも効果があります。

 

肝臓に効果があるツボもいくつかありそれぞれの効果も違います。肝機能の向上や、血流の改善にはには老宮(ロウキュウ)や曲泉(キョクセン)。肝臓に疲を感じた時には太衝(タイショウ)。

 

また、お酒を飲む前に期門(キモン)を刺激すれば二日酔い予防にというように、各効果が見られます。ですが、あくまで補助的な手段ですので、ご自身の健康管理は日頃からしっかり行うことが重要です。

 

参考:肝臓に効くツボ!正しい押し方と注意点など

 

肝臓の働きをよくする栄養、食材

 

 

中性脂肪が溜まることは、健康ならびに肝臓にも悪い影響を与えます。食事に気をつけることで、肝機能の低下を抑えることも可能になってきます。

 

糖質・脂質に気をつけ、ジャンクフードをあまり食べない事は当たり前ですが、逆に、働きを良くする食べ物も存在します。必須アミノ酸や良質な栄養がバランスよく取れる大豆や、ビタミンB2が豊富で脂肪分も少ないとされるしじみが効果があるとされています。

 

また、肝臓の負担を少なくする為に有効な成分として食物繊維が上げられます。これらの食材を上手く使い偏りの少ない食事を取ることが大切です。

 

参考:肝臓に良い食べ物