肝臓がんとは?生存率はどれくらい?

肝臓にできる悪性腫瘍の肝臓がんは、世界的に見ても羅患率の高いがんです。特に日本の患者数は多く、男性のほうが女性より多いとされています。肝臓がんには原発性と転移性の2種類がありますが、肝臓にはがんが転移しやすいのが特徴です。

 

日本では、年間30,000人以上が肝臓がんで亡くなっているといい、その多くが慢性的な肝臓病を患っていた状態から肝臓がんへと移行しています。

 

肝臓は沈黙の臓器といわれるだけに、自覚症状に気付かないままに病気が進行しがちです。肝炎や肝硬変から肝臓がんを発症することになると、手術をしたとしても再発しやすくなります。

 

そのため、肝臓がんを発症した際の生存率は他のがん患者よりも低く、発症した約半数の人が亡くなっているといいます。最も生存率が高い手術は、生体肝移植だというデータもあるようです。

 

肝臓がんの原因は?

 

発症した9割が、他の部位からの転移が原因だといわれる肝臓がん。肝臓自体から発症することは残される1割程度とはいえ、やはり肝臓に負担を与える生活をしていると、肝臓がんの原因となりかねません。

 

例えば、飲酒が過ぎたり、喫煙をする人は、肝臓がんのリスクを抱えているといいます。最近では、女性の飲酒率が増えると同時に女性のアルコール中毒患者の増加が目立つと注目されているように、一度に大量の飲酒をしなくても毎晩のように少しずつ飲酒をするのも危険です。

 

食生活が乱れて、肝臓に慢性的な負担を与えていることから、慢性肝炎などにかかってしまうことも肝臓がんのリスクを高めます。他には、B型やC型肝炎に感染していると、肝臓がんを発症しやすいとされています。

 

肝臓がんのステージ別の症状は?

 

肝臓がんのステージには、4つの種類があります。

 

ステージTでは、直径2cm以下のがんが1個あり、肝臓内の血管や胆管に入り込んでいない状態を指します。

 

ステージUは、がんの直径が2cm以下、数が1個、血管浸潤していないという3つの分類のうち、2つに当てはまる状態です。

 

ステージVは、3つの分類のうちの1つに当てはまり、リンパ節に転移していることもあります。

 

ステージWの場合は、3つの分類のどれにも当てはまらず、他の部位に転移している状態です。

 

腹水があるかどうかも肝臓がんの診断には深く関係し、ステージTからステージWに進むに従って生存率が低くなります。

 

ステージUでの症状が食欲不振や倦怠感、ステージVになって腹水や黄疸の症状が出ることもあるという点からしても、肝臓がんを早期に自覚するのは難しいのかもしれません。

 

ステージWともなると、背中や腰が痛んだり、体重が落ちてくるなどの症状が出やすいです。がんが他の部位に転移している場合は、吐血や呼吸困難などが起こることもあります。

 

肝臓がんの検査方法の種類は?

 

肝臓がんかどうかを診断する検査は、5種類あります。まずは、一般的な健康診断でもよく行われる血液検査です。肝細胞に異変が生じると、血中に酵素の一種であるASTやALTの数値が上昇します。

 

ただ、中には異変が見られない人もいるため、他の検査と並行して血液検査は診断材料の一つとされます。腫瘍マーカーでは、AFPやPIVKAといった血中の特定物質の数値を検査することで、肝臓がんかどうかの診断材料に用います。こちらも血液検査でわかりますから、検査自体は簡単です。

 

超音波検査は、体に超音波を当ててがんがあるかどうかを検査するものです。ただし、がんが見つかっても肝臓がんかどうかまではわかりません。

 

CT検査は、X線を照射して体内の状態を見る検査です。肝臓内には血液が豊富に流れているため、動脈に造影剤を注入して検査することで、よりクリアな体内画像を見ることができます。こうした検査でも肝臓がんかどうかが疑わしいときは、肝生検が行われます。病変部位に針を刺して一部を採取し、顕微鏡で観察する検査ですが、痛みを伴うともいいます。

 

肝臓がんの手術の成功率は?

 

肝臓がんは、他のがんに比べて再発しやすいといわれます。外科手術をしたとしても、約8割が数年以内に再発するケースが多く、生存率が低いとされる理由の一つです。

 

特に生存率を低くしている原因は、肝炎や肝硬変などの他の肝臓病から肝臓がんに発展していることにあります。がん細胞を取り除いたとしても、肝炎や肝硬変の影響を受けやすいというわけです。

 

生存率が比較的高まる手術方法に、生体肝移植があります。しかし、費用や条件を難なくクリアできる人は少なく、肝臓がんを発症した人の約半数は5年以内に亡くなっているともいわれています。