お酒を飲まないのに肝臓の数値が高いのはなぜ?

 

お酒を飲んでいないのに、肝臓の数値が高くなる人がいます。健康診断の時に肝臓の数値が高いと指摘されても、思い当たる原因がなく驚く人も多いでしょう。では、なぜお酒を飲んでいないのに肝臓の数値が高くなるのでしょうか。

 

参考:肝臓の検査方法と数値の見方

 

食事、たばこなども原因に

 

 

肝臓の数値が上がる原因は、お酒だけではありません。脂っこい食事が多かったり、たばこを吸うことで肝臓の働きが弱まり、数値が高くなることがあります。

 

例えば、γ-GTPの数値に異常があった時、数値が100以上であれば脂肪肝の可能性が高まります。しかし、γ-GTPが200以上であった場合、肝臓病または胆道系の病気を発症している可能性が高くなります。

 

脂肪肝はアルコールを摂取している人が多く発症していますが、アルコールを摂取していない人も発症する可能性があります。アルコール以外の偏りがちな食事が肝数値に影響することは厚生省も発表しています。

 

参考:γ-GTP | e-ヘルスネット 情報提供

 

薬の常用も肝数値上昇の要因かも

 

 

また、薬を服用しているという人も肝臓の数値が上昇しやすくなります。肝臓の数値はアルコールだけでなく、様々な要因によって上昇することを頭に入れておくといいでしょう。

 

特にお酒を飲んでいないのに肝臓の数値が上昇する人は、肝機能障害や胆嚢・胆管の病気に注意が必要です。これは、医療機関にかかり検査をしなければわからないことですので、必ず医療機関を受診しましょう。

 

アルコールを摂取している人や食生活が乱れている場合、数値が上がりやすいので生活を見直すなどの対処ができます。

 

しかし、特に思い当たる理由もないのに、数値が上昇している場合はまず原因を究明することから始めないとなりません。どうしても原因が思い当たらないのに、数値が上昇する場合は医療機関を受診し、原因を探すことから始めましょう。

 

肝臓の数値を下げるには?