肝臓の数値が高いと?

肝臓の数値が高いと指摘された場合、恐ろしい疾病が隠れている可能性があります。肝臓は、ほとんど自覚症状がなく、症状が現れた時にはすでに病気が進行している可能性があります。そのため、肝臓の数値が高いと指摘された場合は医療機関で検査を受けることをお勧めします。

 

また、検査は1度だけではなく、定期的に受けることが大切です。特にお酒を飲むのが大好きな人、たばこが大好きな人、脂っこいものが好きな人は定期的に検査を受けたほうがいいでしょう。特にアルコールを摂取すると肝臓の数値が高まります。

 

病気を発症する前に、禁酒または節酒をすることで肝臓の数値は改善する可能性が高くなります。定期的に検査を受けて、数値が高いと感じたら禁酒または節酒をするようにすれば病気を予防することができるでしょう。

 

肝臓の数値にも種類があるため、どの数値が上昇しているのかによって、どのような病気が隠れているかがわかります。

 

GOT・GPT・γ-GTPのどの数値が高いかによって考えられる原因が変わってきます。この数値のうち2つ以上が基準値よりも高い場合は必ず医療機関を受診するようにしましょう。

 

これらの数値が高い時は、脂肪肝、肝硬変、肝炎、その他の肝臓の病気が隠れている可能性があります。最近はアルコール性脂肪肝が増えていますので、定期的に医療機関を受診するようにしましょう。

 

沈黙の臓器とも言われているほど、肝臓の病気は自覚症状がほとんどありません。自覚症状が何もないからと安心していると危険ですので、定期的に検査を受けることをお勧めします。

 

肝臓の数値を下げるには?