肝臓の検査の方法は?

 

一般的には問診・血液検査・尿検査を行う事が多く、ほとんどの健康診断や人間ドッグでも行われています。血液検査では肝臓の状態を数値として見ることが出来るので、誰でも簡単に検査結果を標準値と比べることが出来ます。

 

しかし血液検査だけでは異常があるということは分かっても、症状の種類や進行具合などは正確には分かりません。もし異常が見つかった時は、エコーやCT・MRIなどの画像診断や腹腔鏡を使ったり、肝生検(肝臓から組織片を取り出し顕微鏡で調べる)といった方法でもっと詳しく調べる必要があります。

 

肝生検とは?

 

肝生検は画像診断より正確で肝疾患のほとんどがこの検査によって分かるのですが、肝臓から直接肝細胞を採取する方法で患者さんの負担も大きくなることから診断が難しい場合のみに行われます。

 

肝臓の検査は病院の何科にいけば受けられる?

 

肝臓は自覚症状が現れにくく「沈黙の臓器」と言われています。そんな中で体調不良の原因が「肝臓かも?」と疑った時は、まず近くの内科か消化器科に行くことをおすすめします。

 

肝臓は臓器の中で食べ物の消化をサポートする役割があるので、内科の中でも消化器内科があればそちらをおすすめします。

 

そこで問診・血液検査を行ったうえで何も異常がなければそれで十分ですがもし何か異常が見つかったら一度大きな病院で診てもらう方が安心出来ると思います。その際に検査結果を持って行くとスムーズに受診できると思います。

 

肝臓の検査費用はいくら必要?

 

検査を行う機関や保険適用かどうかにより金額はそれぞれ違います。

 

血液検査

 

血液検査は¥1,000?¥2,000-(保険込み)程度、エコーは¥2,000?¥5,000-(保険込み)程度になります。

 

血液検査は何を調べるかによって金額が変わり、全部を調べてもらうと結構な金額になるので肝臓機能の部分のみと伝えると負担が少なくなります。

 

CT検査

 

CT検査は約¥10,000-ほどかかります。

 

肝生検

 

肝生検に関しては検査自体は20分?1時間ほどで終わるのですが、検査前後の絶食や検査後の安静が必要になりますので最低でも1泊2日の入院になります。費用は検査機関によって違いますが、だいたい3割負担で¥40,000-前後です。

 

肝臓の数値の見方

 

 

血液検査を行うとたくさんの項目の結果が出ます。数字ばかり並んでいて見るのが億劫になるかもしれませんが、数値をしっかり理解すれば肝臓に関する病気の早期発見にもつながります。その中でも注目したい項目を紹介します。

 

GPT(ALT)→基準値 30IU/L以下
GOT(AST)→基準値 30IU/L以下

 

肝機能に異常があった時にこの2つの数値が上がります。31〜100の場合は脂肪肝・肝硬変・慢性肝炎の疑いがあり、100を超えるとウイルス性肝炎である可能性が高くなります。

 

γ-GTP→基準値 50IU/L以下

 

アルコール摂取過多や肥満が原因とされています。100以上で脂肪肝、200以上でアルコール性肝炎・肝硬変まで進行している疑いがあります。

 

自覚症状がないことが多いので、常日頃からチェックすることをおすすめします。献血でもこの3つは調べてくれるので、なかなか病院に行けない人はぜひ利用しましょう。

 

肝臓の数値を下げる方法を見てみる!