肝臓の数値AST(GOT)・ALT(GPT)とは

健康診断などで検査をすると、AST(GOT)・ALT(GPT)といった数値を目にする機会があると思います。これは、肝臓の細胞の中にある酵素を表す数値です。

 

AST(GOT)・ALT(GPT)は、肝細胞が壊れると血液の中に漏れ出てくるため、肝細胞がどれだけ壊れているかを判断する検査となっています。肝臓の状態が悪い時に、AST(GOT)・ALT(GPT)の両方の数値が上昇します。

 

肝臓に良い成分は?

 

AST(GOT)とALT(GPT)の違い

 

では、AST(GOT)とALT(GPT)の違いとは何かというと、AST(GOT)は肝細胞だけではなく、手足や心臓の筋肉、そして血液の赤血球の中にもあります。

 

そのため、赤血球が壊れた場合、筋肉が壊れたり、心筋梗塞になった場合は、この数値だけが上昇することがあります。しかし、ALT(GPT)は肝細胞にしかありません。そのため、肝細胞が壊れた場合、この2つの数値が同時に上昇します。

 

40以下が平均、それ以上から100前後だと…

 

この2つの数値は、40以下が平均で、少なすぎても問題は特にありません。しかし、数値が100前後の場合、肝臓の疾患を発症している可能性が高まります。

 

41以上100以下の場合は、肝硬変、脂肪肝、慢性肝炎などの疾病を発症している可能性があります。健康診断でこの数値が41以上100以下だった人の多くは脂肪肝です。肝硬変や慢性肝炎で悪化している状態の場合、この数値は数百程度まで上がります。

 

お酒を飲んでいてこの数値が高い場合、禁酒または節酒することで下がることもあります。ただし、この数値が100以上となった場合は注意が必要です。

 

もし、ウィルス性肝炎を発症していた場合、炎症が進行し急性期には100以上、そして200〜300と、どんどん数値が上昇します。さらに、状態が悪化すると数値は500以上にまでなり、ひどい人では数値が数千まで上昇します。

 

この数値で最も重視しているのは、ウィルス肝炎を患って、完治せずに慢性化した慢性肝炎を調べることです。慢性肝炎になると100〜500ぐらいの数値となります。これは既に病気を発症している状態ですので、医療機関にかからなければなりません。

 

AST・ALTの数値を下げるには?