二日酔いにならない方法

お酒を飲むと、アルコールが胃腸内に吸収されます。

 

その後、肝臓に運ばれてアセトアルデヒドに変換され、酢酸に分解されるのです。最後には水と炭酸ガスになって体外に排出されるのですが、この分解の流れに支障が起きると二日酔いが起こってしまいます。

 

アセトアルデヒトは有害な物質で、分解能力を超えてアルコールを摂取すると、過剰に蓄積されてしまいます。さらに、たくさんお酒を飲みすぎると、アルコールが胃腸から直接的に血中に流れてしまい、全身をアルコールがめぐってしまうような状態になります。

 

こうして血中アルコール濃度が高まり、お酒に酔うということになるのです。

 

同じお酒の量を飲んでも、二日酔いになるときとならないときとがあります。これは、体調次第でアルコール分解がスムーズに進まなかったり、睡眠不足や空腹加減、連日の飲酒で肝臓が疲労している、ストレスなどが関係しています。

 

これらをなくして万全な体調でお酒を飲むのが、二日酔いを防ぐ一番良い方法です。

 

お酒を飲むときには、少なくとも何かおつまみを食べること、適量のお酒にとどめること、ストレスなくリラックスして飲むこと、強いお酒は薄めて飲むことなどを大切にしましょう。

 

体調が悪いときだけでなく、精神的に沈んでいるときも、お酒を飲むのは避けておいたほうがよさそうです。また、深夜遅くまで飲み続けるのも、翌日に響きます。

 

せいぜい0時くらいまでで、お開きにするようにしましょう。