二日酔いになる原因

体内でアルコール分解がうまく進まないと、アセトアルデヒドという物質が体内に残って二日酔いになってしまいます。アセトアルデヒドとは、アルコールを摂取したときに肝臓内で変換される有害物質です。

 

ここからさらに酢酸へと分解されて水と炭酸ガスになれば、アルコールの分解は完了です。しかし、体調不良だったりしてアルコール分解がうまくいかないと、体内に有害物質が残って悪さをするのです。

 

お酒を飲みすぎたときにも、アルコール分解はスムーズに進んでくれません。そもそも、栄養状態がよくない健康状態の人は、アルコールを分解する酵素も体に不足しています。

 

こんなときに無理して飲むと、有害物質だけが体に長時間居残ってしまい、二日酔いを起こすのです。

 

二日酔いの中でも、頭痛の原因となるのはアセトアルデヒドの他にチラミンやヒスタミンという物質が影響しています。

 

中枢神経を刺激するチラミンは、血圧上昇作用も持っています。ヒスタミンは、血管を膨張させることから頭痛を引き起こします。これらの物質は、お酒の中やおつまみとして選ぶ食品にも含まれていることがあります。

 

二日酔いとなりやすいおつまみの種類も、あるというわけですね。他にも、二日酔いの嘔吐は、胃の粘膜が傷ついてしまったために起こります。

 

のどが異常に渇くのは、血液中の水分や電解質のバランスが乱れるためです。お酒を飲むときや飲んだ後には、すかさずたっぷりの水を飲んでおくことをおすすめします。

 

参考:アセトアルデヒドと二日酔いの関係