お酒に弱い原因はアセトアルデヒドにあった!

お酒に強い人、弱い人の差は、アセトアルデヒドにあるといわれています。アセトアルデヒドとは、肝臓内でアルコールの分解をする過程で発生する中間代謝物質です。

 

とても強烈な毒性を持った物質なので、早く体外に排出しないとどんどん毒素がたまってしまいます。

 

しかし、アセトアルデヒドの分解をするには遺伝子的な体質が関わっており、もともと日本人はその力が弱いとされています。

 

気持ちよくお酒を飲んで、後々残さないようにするためには、体質から変える必要がありそうですね。

 

アセトアルデヒド脱水素酵素を活性化させることは可能?

 

遺伝子によってお酒の強い弱いが分かれてしまうのでは、一生それを変えることはできないのではないかと思う人が多いでしょう。遺伝子ばかりは、途中で変えることはできないからです。

 

そうはいっても、何とかしてお酒を楽しく飲んで、飲んだ後もすぐにスッキリしたいと思う人が多いから、悪酔いや二日酔いを防ぐという健康食品やドリンクが流行るのです。

 

もっと画期的な方法でアセトアルデヒド脱水素酵素を活性化させる方法がないか、気になりませんか?アセトアルデヒド脱水素酵素は、アミノ酸によって構成されたたんぱく質の一種です。

 

ということは、アミノ酸をしっかりとっておけば、アセトアルデヒドが分解されやすいのではないかと考えられます。

 

 

欧米人のアセトアルデヒド脱水素酵素は、グルタミンで構成?

 

欧米人がお酒に強い体質なのは、アセトアルデヒド脱水素酵素が活性化しているからだといわれます。日本人との決定的な違いは、アセトアルデヒド脱水素酵素を構成するアミノ酸がほとんどグルタミン酸だという点です。

 

日本人はというと、リジンというアミノ酸から主に構成されています。このアミノ酸の違いに注目してみるのも、アセトアルデヒドの分解のために役立つかもしれませんね。

 

参考:日本人がお酒に弱く、二日酔いになりやすい理由