アセトアルデヒドの分解を促進するには?

アセトアルデヒド化学式

お酒を飲むと、お酒に含まれるアルコールを肝臓で分解して排出する必要が出てきます。この代謝の過程で発生するのがアセトアルデヒドという有害物質で、肝臓にとっては一苦労な仕事なのです。

 

有害物質がたまったままの身体は、健康な状態とはいえません。悪酔いや二日酔いが生じるのもこのためだとされ、なるべく早くアセトアルデヒドを分解することが身体のために優先事項です。

 

ここでは、アセトアルデヒドの分解促進をするために必要なことを考えていきましょう。

 

分解が追いつかないから起こる悪酔いや二日酔い

 

肝臓の能力には個人差があり、働きが強い人はお酒にも強いことになります。なぜなら、肝臓がアルコールの代謝によって生じるアセトアルデヒドを素早く排出してくれるからです。

 

肝臓にはいろいろな役割があり、非常に丈夫な器官でもあります。何と4分の1ほどを切り取っても、健康を維持することが可能というくらいです。

 

ただし、逆に肝臓を害してしまうと、一気に健康状態が悪くなってきます。生命の危険にもつながるため、肝臓は大事にしておくことが大切なのです。

 

そんな肝臓に、普段の働き以上のアルコール分解を課してしまうと解毒が追いつかないことがあります。これにより悪酔いや二日酔いが起こるので、アルコール分解の過程で発生するアセトアルデヒド分解を促進したほうが良いのです。

 

アセトアルデヒド分解促進におすすめのもの

 

お酒を飲んだときには、一緒に水を飲んだり、飲んだ後に水分を補給しておくのがいいといわれます。これは、アルコールを代謝する際に、大量の水分を消費するためです。

 

水が足りないと脱水症状に陥り、もともと体内にある髄液まで使われることになります。すると体が悲鳴を上げて、頭痛などが起こるのです。

 

また、必要な水分を吸収するために、体内にミネラルが備わっていることも重要です。つまり、アセトアルデヒドを分解しやすくするためには、十分な水分とミネラルが欠かせないということになりますね。

 

もうお酒に溺れない。アセトアルデヒド分解サプリが登場しました!

アフターラックは、お酒を飲む前に飲むと有効成分がアセトアルデヒドの分解を促進する新しいタイプのサプリメントです。

 

世界特許取得の8つの天然成分が二日酔いの原因のアセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素の生成に役立ち、肝臓に負担をかけずに処理・排出していきます。

 

アセトアルデヒドを分解するサプリはこれだ記事一覧

お酒に強い人、弱い人の差は、アセトアルデヒドにあるといわれています。アセトアルデヒドとは、肝臓内でアルコールの分解をする過程で発生する中間代謝物質です。とても強烈な毒性を持った物質なので、早く体外に排出しないとどんどん毒素がたまってしまいます。しかし、アセトアルデヒドの分解をするには遺伝子的な体質が関わっており、もともと日本人はその力が弱いとされています。気持ちよくお酒を飲んで、後々残さないように...

お酒を飲みすぎた後に起こりやすい悪酔いと二日酔いの症状、違いを説明できますか?悪酔いはお酒を飲んでから2〜3時間後、あるいは5〜6時間後に起こる症状、二日酔いは8時間から14時間後に現れる症状だといわれています。でも、厳密に何時間たったから悪酔い、二日酔いと分けている人もあまりいないでしょうね。飲んだその日に起こるのが悪酔い、翌日起こるのが二日酔いと考えている人が多いのではないでしょうか。そんな二...

アセトアルデヒド脱水素酵素という名前を聞いたことがありますか?お酒をよく飲む人で健康に気をつけている人にとっては、アセトアルデヒドの名前はもうおなじみかもしれません。アセトアルデヒドとは、アルコールを肝臓で代謝する際に発生する非常に有毒性の高い物質です。これが体内に残っている限り、お酒を飲まない状態の健康な身体には戻らないのです。肝臓でアルコールが代謝されるといっても、漠然としたイメージしか浮かび...

アセトアルデヒドを分解するために必要なアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)は、活性化されていないと十分な働きをしてくれません。日本人は同じ東洋人と比べても、アセトアルデヒド脱水素酵素が不活性型の遺伝子を持っているといわれています。そのため、遺伝子的にお酒に弱い人が多いのです。さらに、女性は女性ホルモンの働きがアセトアルデヒド脱水素酵素の働きを抑えてしまうので、男性よりもお酒が弱い傾向があります。...

お酒を飲んだときに欠かせない、肝臓内でのアルコール分解。この働きをスムーズにするために、アセトアルデヒド脱水素酵素の存在が必要です。アセトアルデヒド脱水素酵素が活性化している人は、お酒に強いといえます。逆に、お酒に弱い人は、アセトアルデヒド脱水素酵素が活性化していないと考えられているのです。お酒にすぐ酔ってしまうからといって、酒嫌いとは限りません。また、つきあい酒が多くて、お酒に強くなりたいという...