肝臓病サプリメントランキング

当サイトは肝硬変や脂肪肝などの現代人の生活習慣病ともいえる肝臓病におすすめのサプリメントを紹介しています。

 

肝臓に良いとされるタウリンやオルニチン、クルクミンなどの成分を配合したものを中心に掲載してます。

 

肝臓病は自覚症状が少ない上、一度肝臓を悪くしてしまうと非常に厄介なものなので、最近なんだか調子が悪いなぁと感じ始めたらすぐに対策をしていきましょう。

 

オルニパワーの特徴

オルニパワーは、肝臓に良いオルニチンをたっぷり凝縮したサプリメントになります。業界トップクラスの800mgのオルニチンを含有。さらに、亜鉛12mg・ビタミンEの1000倍の抗酸化力を持つアスタキサンチンなどもプラス。また、しじみ・牡蠣などの食品由来のエキスを含むため、体に負担なく安心して飲めるサプリメントとなっています。当サイトからなら30日分ワンコイン購入ができます。

価格 500円
評価 評価5
備考 オルニチン・亜鉛・アスタキサンチン

 

レバリズム-Lの特徴

レバリズム-Lは、国産の厳選素材しじみ・牡蠣・スクワレンの高品質栄養素を凝縮した肝臓サプリメントです。肝臓が喜ぶ贅沢成分を一挙配合しています。肝宝の力を詰め込んでいるから、たとえ毎日忙しくて食事や運動ができない人でも手軽に脂肪肝や肝機能対策が可能です。レバリズム-Lは、現在「数値撲滅モニターキャンペーン」と称し先着500名様に限りモニター価格にて販売中です。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 牡蠣エキス・しじみエキス・スクワレン・L-シスチン・ビタミンB2・ビタミンE

 

セラクルミンの特徴

セラクルミンは、日本初の肝臓の数値を下げる作用が実証されたサプリメントになります。ウコンに含まれる有用成分クルクミンは、γGTP・AST・ALTなどの肝数値の低下に働くことが研究の結果判明しています。販売者のセラバリューズは、通常のクルクミンの吸収性を高めた「セラクルミン」を独自開発しサプリメント化しており、効果・品質・安全性を兼ね備えた機能性表示食品に仕上がっています。

価格 4990円
評価 評価4
備考 機能性表示食品:セラクルミン(独自クルクミン)

 

発症すると怖い!肝臓病とは?

 

 

ダメージをうけても、それを訴えることなく働き続けることから「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓。この肝臓に何かしらの異変が起きると、肝臓病になります。肝臓は病気になっても、すぐには症状が現れません。

 

その為に病気の発覚が遅くなってしまう事から、気付いたときには重症な病気になってしまっている事が多く、とても注意が必要です。肝臓は人の体が正常に機能する為に実に多くの働きをしていますので、肝臓病になってしまうと体の至るところにその症状が現れます。

 

放置しておくと生命に関わる事にもなってきてしまう可能性がありますので、定期検診を受けるなど、定期的に肝臓の状態に注意する必要があります。

 

肝臓病の種類

 

肝臓病には、肝炎肝硬変脂肪肝肝臓がんなど、様々な種類があります。病気によってその症状も異なりますが、肝臓が悪いときには共通して現れてくる症状もあります。

 

沈黙の臓器である肝臓はその症状が現れてきてからでは遅い事もあり、また慢性化してしまう事もあります。ですので、日頃から肝臓をいたわるという事が大切になってきます。アルコールの摂り過ぎは控え、肝臓にいい食べ物などを食べたりするなどして、バランスのいい食生活を心がけましょう。

 

肝臓が悪いときに現われやすい自覚症状、サインは?

 

肝臓は痛みを感じる神経が存在しないため、ちょっと肝臓の調子が悪くなったり、病気になったとしてもハッキリとした自覚症状が無い場合があります。

 

しかし、肝機能の低下、病気の初期に以下のような症状が体に現われるため、肝臓が悪いときのサインとして把握しておきましょう。また、別の病気の初期症状と似ているものもあるため、間違いやすいので注意が必要です。

 

常に体がだるい・執拗な睡魔・食欲がない(脂っこいものは特に)・微熱が続く・悪寒がする・すぐ息が切れる・体が痒い・お酒が飲めなくなった、など

 

もっと肝臓が悪く、何らかの肝臓病の疑いがあるとき

 

以下のような明らかに普段と異なる症状が現われます。

 

白目が黄色く濁っている・手のひらが赤い・黄疸・鼻血や歯茎から出血しやくなった・尿が濃い黄色・便が白っぽい・足がむくみやすい・赤い蜘蛛の巣状の斑点がでる・お腹やみぞおちの辺りが腫れる、など

 

上記いずれかに当てはまる症状がある場合は、食事、生活習慣の改善というレベルで回復は見込めませんので、早急に病院へ行き医師の診断と指示に従うべきです。

 

自覚症状がはっきりしない、特にサインがないとき

 

先に挙げた自覚症状が無い場合でも、血液検査の結果に肝機能の低下や肝臓病のサインが出るケースも多々あります。γGTP・AST・ALTなどの項目をチェックすれば判断できます。

 

肝臓の健康を示す数値と基礎知識

 

 

肝臓の健康度合いを示す数値に、γGTP・AST・ALTなどがあります。これらの基準値、正常値の範囲内などわかりやすく解説します。

 

γGTP

基準値
男性…50IU/L以下 女性…30IU/L以下

 

たんぱく質の分解や合成に働き、肝臓で作られる酵素になります。お酒の飲み過ぎ・脂質の摂り過ぎ・薬の影響により、肝細胞が破壊され血液中に漏れだすと数値が上昇します。

 

AST

基準値
30IU/L以下

 

GOTとも呼ばれます。肝細胞をはじめ、心臓や筋肉などにも多く存在する酵素になります。アミノ酸の合成やエネルギーの代謝に働きます。肝細胞の破壊により数値が上昇します。数値が32〜100の場合、慢性肝炎・肝硬変・脂肪肝などの疑いがあり、100以上の場合、ウイルス性肝炎が疑われます。

 

ALT

基準値
30IU/L以下

 

肝臓に多く含まれる酵素になります。働きや数値上昇の原因はASTと似ています。

 

ASTとALTの関係

ASTとALTの数値関係、比率などをチェックすると、肝臓病以外の疾患も判断できる場合があります。たとえば、ASTのみ高い場合は、心筋梗塞や筋肉系の疾患が疑われます。どちらの数値も高いがASTのほうが高い場合、劇症肝炎・アルコール性肝炎・アルコール性脂肪肝・肝硬変などが考えられます。

 

反対にALTが高い場合、脂肪肝・肝炎・肝硬変の初期の可能性があります。ASTがALTの倍以上の数値が出た場合、肝臓がん・筋ジストロフィーなどの病気が疑われます。

 

総タンパク

基準値
6.7〜8.3g/dL以下

 

アルブミン

基準値
3.8〜5.3g/dL以上

 

肝臓サプリの選び方!肝臓に良い成分を摂ろう!

 

 

肝臓の健康を守るため、数値改善のために摂りたい栄養成分を解説します。

 

タウリン

 

タウリンは、壊れた肝細胞の再生を促し、肝機能の正常化を図ります。また、肝機能低下の原因となりやすい中性脂肪を体外へ排出する働きもあるため、脂肪肝の予防・改善にも役立ちます。

 

オルニチン

 

オルニチンは、肝臓の解毒作用をサポートする働きがあります。摂り過ぎたアルコール、脂質などの代謝を助けるため、アルコール性脂肪肝、非アルコール性脂肪肝の予防・改善に役立ちます。

 

クルクミン

 

クルクミンは、ウコンに含まれる天然のポリフェノールの一種です。その抗酸化力から肝臓の解毒や胆汁の分泌促進などを促進する働きを持ちます。近年の研究より肝機能向上・肝数値の改善効果が見られたことがわかっています。

 

スルフォラファン

 

肝臓の解毒酵素の活性化に働くため、解毒作用が高まります。発がん物質の無毒化、有害重金属類の排出促進にも働きます。

 

肝臓に効く栄養たっぷり!人気のサプリはこれ

 

肝臓の負担になるサプリは選ばない!

 

 

以下のようなサプリを摂ると逆に肝臓に余計な負荷をかけてしまい、かえって肝臓を悪くする結果になる可能性があります。

 

添加物が多い

 

サプリは添加物を使わずに作ることはできないため、多少なりと添加物が含まれるものです。しかし、添加物の分解は肝臓の負担となるため、できる限り量が少ないものを選びましょう。

 

化学合成成分が多い

 

サプリに含まれる原料・成分は、天然と合成があります。天然はそのままのとおり、元の食品に近く吸収率や体内の利用率も高いです。合成は石油から作られた化学成分であり、安価に作ることができ使われていることも多いですが、肝臓の負担になりやすいです。

 

脂溶性ビタミンが多い

 

ビタミンは水溶性と脂溶性に分かれます。水溶性は、体内に蓄積されることはなく、摂り過ぎても排出されますが、脂溶性は肝臓に蓄積されるため、負担をかけやすいです。

 

天然の栄養が豊富!人気の肝臓サプリはこれ

 

肝臓サプリの正しい飲み方

 

肝臓のために飲むサプリは正しく飲むことが重要です。以下のことを守り上手にサプリを活用しましょう。

 

用法用量を守る

 

サプリは各販売メーカーが表示する目安量があるため、それに従い飲むようにしましょう。もし1度に飲むのが辛い場合は1日2回に分けて飲むこともおすすめです。

 

食後に飲む

 

サプリは薬とは異なるため、好きなタイミングに飲めるのもメリットです。ただし、胃の荒れ、吸収を高めるために、空腹時に飲まずに食後の飲用がおすすめです。

 

サプリと一緒に心がけたい生活習慣

 

 

サプリだけの力に頼り、肝臓の回復、数値改善もまた難しいものがあります。やはり基本は食事からとなるため、少しずつでも良いので食生活も改善していきましょう。

 

心がけたいこと
  • 栄養バランスの良い食事
  • 腹八分目
  • 適度な運動
  • 休肝日を作る
  • 睡眠はしっかりと

 

急に生活習慣を改善することは難しいため、できるところから始めていきましょう。

 

ジャンクフード、インスタント食品は極力避ける

 

ジャンクフード、インスタント食品などは、糖質・脂質・添加物などが多い傾向にあり、肝臓の負担を増やし、悪くする原因となるため、日常的に食べることは避けましょう。

 

肝臓ケアに注目!「オルニパワー」

肝臓の数値が気になる、最近疲労感がとれない、、といった方におすすめなのがオルニパワーです。海の幸、しじみや牡蠣からとれたオルニチン・亜鉛・アミノ酸など有用なエキスを凝縮!

 

1日分にオルニチンなら800mg・亜鉛なら12mgと高含有しています。また、オルニパワーは、厳しい基準をクリアした国内のGMP取得工場で製造されており、品質・安全性ともに安心して飲めるサプリメントに仕上がっています。当サイトから30日分500円でお試し可能です。

 

更新履歴